株式会社INA新建築研究所
INA RECRUITING INFORMATION 2021

MAI
SATAKE
佐竹 真依
監理部
2017年度入社
現場での毎日の出来事が自分の成長につながっています。
建物ができる過程が見たくて
監理専門の部署をもつINAへ。
担当する2ヶ所の建築現場へ交互に出向き、図面や計画書どおりに正しく施工されているかを確認する監理の仕事をしています。大学のころから建物の構造に興味があり、建物がつくられていく過程が見られる仕事に就きたいと思っていました。最初はゼネコンの現場管理を志望していましたが、就職活動を進めていくなかで設計事務所の“監理”という仕事を知り、品質管理に重きをおいて完成につなげるこの仕事をしてみたいと考えるようになりました。通常このような監理業務は設計部で行われることが多いのですが、INAは監理専門の部署をもつ会社。ここなら業務に専念でき、デザイン性と品質を両立させた建築物が実現できると思い入社しました。
現場で起こるすべての出来事が
自分にとっては貴重な経験。
入社してはじめて経験したのが減築工事の現場です。減築自体あまり見られるケースではないため、現場そのものも希少な体験だったのですが、これまで机上でしか学べなかった改修ならではの技術を目の当たりにし、「あのときの勉強はこういうことだったんだ!」と感動の連続だったことを今でも覚えています。それからいくつもの現場を経験しましたが同じ現場は2つとないので、つねにその場で調整し対応していかなくてはなりません。設計上は成り立っても現実的には不可能といったことも多々あるので、現場で生まれた疑問や問題を一つひとつ解決しながら、自分の知識と技術を蓄積していくことが何よりも大切だと思っています。
変化する建築現場で毎日が楽しい!
新たな知識も蓄積されていきます。
現場では想定外なことも多く、失敗することもたくさん。でもその失敗が知識の蓄積につながっているので、どんなことでも前向きに捉えています。おかげで学生時代よりもメンタルが強くなりましたね(笑)。自分の知識不足を克服するために「わからないものリスト」を作成したこともありました。わからないことを逐一調べて書き込んでいたのですが、それを見返すと一年前と比べて知識量がかなり増えていることがわかり、自分なりに成長を感じます。壁に当たったときは先輩に相談することでほぼ解決。的確にアドバイスをしてくださり、とてもいい勉強になります。建築現場の状況は日々変化するので毎日が新鮮!ずっと続けていきたい仕事です。
建物の様子が変化しつづける現場で行う監理の仕事は、
新しい発見も多く、毎日が新鮮で飽きません。
建築現場に興味のある方、ぜひ一緒に働いてみませんか?
KAZUTOMO
TOJO
東條 一智
建築設計部
2019年度入社
MORE
MAI
SATAKE
佐竹 真依
監理部
2017年度入社
MORE
YOSHIHIRO
ITO
伊藤 義浩
建築設計部
2012年度入社
MORE
まちを輝かす、開拓者になる。自分と未来に誇れる仕事がここにある。