ZEBへの取り組み

Approach to ZEB

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、快適な室内環境を保ちながら、建築計画の工夫による高断熱化・日射遮へい・自然エネルギー利用・高効率設備などによる省エネ性能の向上と、太陽光発電等の再生可能エネルギーを活用した創エネにより、年間で消費する一次エネルギー消費量がゼロ、あるいは概ねゼロとなる建築物をいいます。

私たちINAは、「ZEBプランナー」として、受注する設計・コンサルティング業務の50%以上をZEBとすることを目標とし、ZEB実現を目指す事業者へのプランニングや業務支援を行うことでZEBの普及に貢献します。

ZEB実現に向けた『自社行動計画』

INA新建築研究所は1955年の創立以来、「自然と社会と人の豊かな調和」を基本理念とし、『まちづくりの総合コーディネーター』としてクライアント皆様の課題解決に取り組み、社会的な期待と信頼にお応えしてまいりました。私たちは生活の質の向上と潤いのあるまちづくりを目指し「快適な室内環境」と「省エネルギー」を両立するZEBの実現・普及のために積極的に取り組みます。

  1. 1.計画の初期段階でクライアントにZEB化の意義やメリットを説明し最適な手法を提案します。
  2. 2.ZEBに関連する補助金の資料・スケジュール作成を行い、申請業務を支援します。
  3. 3.常に最新技術に関して知見を深め、更なる普及を目指した活動を推進します。

ZEBや省エネ建築物のプランニング事例

名称 所在地 用途 延床面積 竣工 ZEBランク
S保健センター 東京都 事務所 7,941m2 2024年7月
(予定)
ZEB Ready
S物流センター 大阪府 物流施設 78,216m2 2021年7月 ZEB
(設計監修)